SSブログ

夏はありがたい、センターカーテンとブラックフィルム [内装パーツ]

日差しが強烈になってまいりました。

でかい室内のレジアスエースは、空調を効かすのは大変です。

しかし、人が乗るのはほとんど運転席と助手席・・・要はここが涼しくなればいいわけです。


オグショーさんで取り付けてもらったカーテン一式の中の、『センターカーテン

センターカーテン-01.JPG
運転席から撮ったセンターカーテン


センターカーテン-02.JPG
荷室側から撮ったセンターカーテン



これを左右から寄せて閉めると要冷房空間がぐっと狭くなるので、すぐに涼しくなります。

ヘビーにクーラーをかけるとカラダに悪いくらい冷えます。

カーテンは、ベルクロがついているので、ぴっちりと閉じることができます。

暑い夏を乗り切るには便利なアイテムです。

注:なおカーテンを閉めた状態にすると、当然のことながら、左サイド後方視界が見えなくなってしまうので、安全上問題があるような場所ではお勧めしません。


また、セカンドシート以降は、すべてスモークフィルム(スーパーブラック)を張ってもらい悪党仕様?にしましたが、これには3つの目的がありました。


1)外から全く見えなくなるので、車内のプライバシーが守られる

2)外から中が見えないので盗難予防になる

3)照りつけの強い季節に、遮光効果がある。


そうです。「何を積んでいるんだ?」と警察に職務質問されそうなブラックフィルムですが、このフィルムのお陰で夏の暑さを和らげてもらっています。

さらに、遮光カーテンやら先日取り付けた黒地の防虫ネットなども暑さ対策に有効ではないかと思います。

スモークフィルム-01.JPG

スモークフィルム-02.JPG
中を覗こうにも、鏡状態・・・


みなさん、暑い夏を工夫して快適に乗り越えましょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます