SSブログ
セキュリティ ブログトップ

エンジンスターターをかけたときの映像 [セキュリティ]

ミラージュ東京さんでとりつけていただいたクリフォードのセキリティシステムは、いちいちセキュリティを解除しなくてもエンジンスターターが使えるので便利ですが、さらに嬉しい特典?があります。

エンジンスターターのリモコンスイッチを押すと、下の映像のように3回ライトが点滅し、その後、エンジンがかかります。この機能のおかげで、夜間の駐車場などでマイカーの位置がすぐにわかるので個人的にはたいへん重宝しています。



盗難防止対策・・・アンブレーキロック [セキュリティ]

私が青空駐車場に置いているときのハード的な盗難防止対策として、「タイヤガード」「ラップハンドルロック」のほかに、もう一つあります。

それが「BAL アンブレーキロック No.1604」です。

アンブレーキロック.jpg

続きを読む


錠前職人が作ったいぶし銀の盗難防止グッズ・・・・タイヤガード [セキュリティ]

盗難防止や車上荒らし対策でこれで完璧というものはない
・・・・と私は考えます。

シャッター付きの自宅ガレージとか、立体駐車場の下層部(地下)とかであれば、さすがに窃盗団もリスクが高すぎるので敬遠するでしょうが・・・・あいにく、私の場合は、閑静な住宅街の青空駐車場という最も狙われやすい環境ですから、あとで後悔しないように念には念をいれねばならないのです・・・・とほほ(泣)


セキュリティには電気的・システム的な対策と物理的な対策がありますが、このたび物理的対策として、「タイヤガード」を採用しました。
この製品は写真のように、ホイールをガッチリ固め、ホイールや車の盗難を防止抑制するというものです。

迷惑駐車防止のためのいわゆる「車輪止め」としてこれを採用している市町村などもあるようです。


タイヤガード-04.JPG
タイヤガード

続きを読む


ラップハンドルロック・・・・盗難防止グッズ [セキュリティ]

物理的セキュリティ対策としてステアリング(ハンドル)をロックするという手段があります。

下の写真のようなものがポピュラーなステアリングロックです。

ステアリングロック7.jpg

ステアリングロック.jpg


これらのバータイプのものは私自身、使ったことがないので、コメントはできません。
・・・・・ただ、窃盗団の手口や盗難事例を見ると「ステアリングを切断する」という強硬手段を使われた場合には無力のようです。(他社製品を批評するつもりはありませんので誤解なきよう)


そこで私は、「包み込む形状のため、バータイプのようにハンドルを切断してロックを外すのが非常に困難 」というのが謳い文句の『ラップハンドルロック』という商品を採用することにしました。


ステアリングロック-01.JPG
ラップハンドルロック梱包品一式


ステアリングロック-02.JPG
ラップハンドルロックを装着した状態


続きを読む


ココセコム・・・・位置情報検索システム [セキュリティ]

ミラージュ東京さんのセキュリティ施工で、オプションで『ココセコム』をつけてもらいました。

これは、万が一車両が盗まれたときに、その所在をつきとめるセコムのサービスです。

セコムのHP→http://www.855756.com/car/


電波を完璧にブロックするようなトランスポーターを使った窃盗団には太刀打ちできないかもしれませんが、ちょっとした乗り逃げ程度であり、サービス範囲内であれば、所在を突き止められるそうです。

まあ、これも一種の保険みたいなものですね。



さて、本当に所在がわかるのかをチェックすべく契約者専用のサイトにて「くろべえ」の所在を検索してみました。


まず、位置情報検索をすると下のような画面になりだいたいの所在地を教えてくれます。

位置情報検索.jpg


次に「地図取得」をクリックすると、所在地の地図が表示されます。


西佐津間.JPG
くろべえはここですよ。


素晴らしい!


今、くろべえはゼロビットのガレージに入っている状態ですから、ぴったりです。
ちなみにこの検索をした、11月17日午前1時は、ガレージのシャッターは閉ざされている状態です。


さらなる確認のために、地図ソフトの「MAPFUN」で、ゼロビットさんの住所を検索してみました。
下の画面がその結果です。

ゼロビット所在地.jpg


ぴったりと一致しています。


セコムでは一定の条件のもとにおいては、位置検索で所在が判明すれば、別途料金にて現場に警備員が駆けつけてくれるサービスもあるということですから、最悪の場合の救いの糸となることでしょう。


今回は、パソコンで位置検索をしましたが、センターに電話して所在を検索してもらうという方法もあります。


なお、このサービスは当然、有料です。
私は、毎月10回まで無料で位置検索できる「毎月10回プラン」を契約しました。月額基本料金は945円です。


私の所在を検索されないためにも、ログインIDはカミサンには教えないでおこうと思います(笑)

セキュリティー施工・・・【ミラージュ東京出庫】 [セキュリティ]

ミラージュ東京さんでのセキュリティ施工が完了したので引き取りにいってきました。

   →ミラージュ東京


今回は、クリフォードの最高峰『Avant Guard 5.1J』(最高金額・・・涙)の防犯システムをインストールしてもらいました。

これで20年間、盗難・いたずらされないことを祈るばかりです。

クリフォードパーツ.JPG
クリフォード Avant Guard 5.1J 


ミラージュ東京(衝撃センサーチェック).jpg
衝撃センサーをチェック・・・・タイヤを叩いてもサイレンが鳴ります



具体的な施工内容は「セキュリティ」ですから、どこをどういう特殊処理を施したとか、どういうトラップが仕掛けられている・・・なんてことをネットで公開することは、窃盗団に情報公開するようなものでナンセンスですから割愛します(笑)


その上で、『これは便利♪』と思った点を挙げてみました。


【作動状況連動LED】

警備状態・解除状態の判別が、フロントAピラーに取り付けた白色のLEDで確認できます。


『写真は後日』

これまで、ボンゴフレンディにも盗難防止システム(ホーネット)はつけていましたが、外見的には警備状態か解除状態かが判断できませんでしたので、リモコンを押して確認するというアナログな方法をとっていました。
「ピッ」と一回なったら警備ON,「ピッ、ピッ」と二回なったら警備解除・・・

深夜の2時とかに「ピッ」とか「ピッ、ピッ」とか鳴らすことには、かなり気をつかうものがありました。

この点、今回のセキュリティシステムではいちいちそんなことをしなくてもLEDで確認できるので助かります。

また、このLEDは「この車は盗難防止処理をしている」というアピールにもなり、窃盗団の「盗みやすい車リスト」の上位候補からは、少しでも外れるのではないかと思います。


【音無しモード】

私が遠出するときは、渋滞をさけるため深夜のうちにでて、深夜に帰ってくることがほとんどです。

だから、草木も眠る丑三つ時に警備解除の音を出すことは(瞬間とはいえ)後ろめたいものがありました。

しかし、今回のシステムでは「サイレントモード」があるので、音をださずに警備ON、OFFができます。確認は前述のLEDで出来るので確実。

私のような、24時間活動族には大変ありがたい機能です。


【エンジンスターター】


ボンゴフレンディには、セキュリティシステムとエンジンスターターと両方つけていましたが、メーカーが異なるため連動することはできなかったので、かなり不便でした。

不便というのは・・・・・・・遠隔操作でエンジンをかけたいときのことです。

自宅マンションから契約駐車場までは、直線距離で約170メートルなので、寒い冬の深夜にリモコンでベランダからエンジンをかけ暖気運転をすることは可能でした。

しかし、セキュリティがかかった状態で送信すると、エンジンがかかった瞬間に「ワンワンワン、ピーポーピーポー・・・・」というサイレンが真夜中の住宅街に鳴り響いてしまいます。

警備をとるか、遠隔始動をとるか・・・・となると警備が優先となるので、結局、リモコンスターターでの始動は出番なしということになっていました。


しかし、今回の施工では、警備ON状態でもリモコンでエンジン始動ができるようになったので、今シーズンはかなり快適になること間違いなしです。


さらに、エンジンをスタートするとスモールライトが点灯する仕組みになっているので、エンジンがかかっていることを視覚的に確認することもできます。

この処理には、同行したユーオートの結城社長も感心していました。


入庫時のブログにも書きましたが、山内代表による施工内容やリモコンの使い方の説明は大変丁寧でわかりやすく、ここに頼んで良かったと思いました。・・・・・・・なんか言い回しが小学生の作文みたいだ




セキュリティー施工・・・【ミラージュ東京入庫】 [セキュリティ]

B-PACKSさんでの施工の次は、セキュリティー施工・・・盗もうとするとサイレンが鳴ったりする防犯処理です。


ハイエースは、『盗難車人気全国ナンバー1』という喜べない人気があります。


だから、セキュリティの投資は決して安くはないけれど、削ることはできない大事なポイントだと思います。


お金の問題ではなく・・・・・ここまで、カスタムに時間とエネルギーを使うと・・・もしも、盗まれて新車を手に入れることができたとしても、また同じことをする気にはとてもなれません(笑)


だからこそ、セキュリティーへの投資は、ある意味、すべてに優先すべきことかもしれません。




セキュリティー施工のショップはあまたありますが、私は、クリフォード公認ショップである『ミラージュ東京』さんに施工を依頼することにしました。


ミラージュ外観.jpg
ミラージュ東京

→ お店のHPはこちら


このお店を選んだ理由は『セキュリティ専門』とうたっていたからです。

これもやります、あれもやります・・・・・セキュリティもやります・・・という店はたくさんあります。
(だからといって、それらの店の技術が劣るという意味ではありませんので、誤解なきよう)


そうでなくても厳しい自動車関連業界において、「セキュリティの専門店です」と言い切るのは、かなりのリスクがあると思います。・・・・本当にセキュリティ施工だけで会社が経営できるのか?


そういうことを覚悟の上で、看板を掲げているところに感ずるところがあったわけです。



そして実際に、初めてこのお店を訪ねたのは2009年5月頃でしたが、雑誌のパブリシティだけではなく、(個人的に)ここにお願いしようと決めたのは、代表取締役の山内氏の対応の素晴らしさでした。

どちらかというと、職人的がさつな対応をする経営者が少なくないこの業界において、まるでホテルマンか外車ディーラーのような物腰と言葉遣い、そして的確な専門知識・・・・セキュリティーという『要』を依頼するに足るお方でありました。

今回の入庫で同行してくれた、ユーオートの結城社長も「いや~、あそこまで腰の低い人はこの業界では珍しい」と絶賛でした。


(ブログという公の場で誹謗中傷は避けたいのであえて実名は挙げませんが・・・・) カリスマとか言われ勘違いし、自分が現在抱えている仕事よりも広告効果のためのイベントを優先し、入庫に出向いた私=お客をそっちのけで(缶コーヒーを飲みおえるほどの長い時間を待たせながら)知人との緊急でもない電話をしたり、納期について根拠のない無責任な大言壮語を吐いたくせに、結果まったく納期に間に合わず・・・一言の謝罪もなく・・・・その責任を問われると外注の板金業者の怠慢と責任転嫁したり、急遽、仕事を自社スタッフに押しつけたりするような・・・・・アマチュア以下、サービス業の基本も何もできていない・・・・男としても情けない・・・・口先だけのはったり野郎のK氏とは天と地の差です。




午後5時30分頃にお店に入庫すると、さっそく2名のスタッフが、迅速に養生を開始、その手際の良さも鮮やかなものでした。
 
施工のために、取り外した「i Pod」まで丁寧に包装しでくるむほどの徹底ぶりには感動さえ覚えました。


ミラージュ養生.jpg
スピーディに養生するスタッフ


ミラージュ東京さんは、定評のある「セキュリティ専門ショップ」ですから、ジャガーやらポルシェやら・・・家が買えるような車が持ち込まれることも少なくありません。

そういう店はややもすると高飛車になって「ふん、ハイエースごとき・・・・・」とかいう態度になっても不思議ではないのでしょう。


ところが、山内社長の言葉は、「大切なお客様のお車は皆同じですから・・・


すばらしい!


こういう言葉が、当たり前のように出てくるところこそが本物のプロショップと言えるでしょう。





防犯フィルム&ガラスコーティング完了 [セキュリティ]

今日は、谷田部の『B-PACKS』さんに車を引き取りに行ってきました。


三田店長と.jpg
B-PACKS 三田店長と


B-PACKS


ここでの施工は、ボディのガラスコーティング、ウインドガラスの撥水加工、防犯フィルム、ガラスエッジングでした。


【ガラスコーティング】

毎週末、超こまめに洗車場に通い、一日かけて洗車&ワックスがけをするというオーナーさんには、無用の処理かもしれません。


しかし、私のように横着者で、かつ週末はどこかに出かける・・・という者にとっては、新車の輝きを保ちつつも、少しでも洗車やワックスがけの手間は省きたいものです。

そんな矛盾する身勝手な要求に多少なりとも答えてくれるのが、ガラスコーティングです。(洗車不要になるというわけではありませんので、念のため・・・・)


約10日ぶりに会うクロベエは、鏡のごとくピッカピカに輝いていました。(屋根を除き)

コーティング.JPG
ピッカピカのガラスコーティング


車というものは、雨風にさらされないガレージ保管が最も理想的ですが、我がクロベエは残念ながら、青空駐車場に甘んじるしかありません。

コーティングにもいろいろと種類があるようですが、金額が高ければ良いというものではないようです。

・・・そういうわけで、クロベエには【D-PRO TYPE GS】というコーティング施工をしてもらいました。


この新車の輝きを失わないように、疲れて雪山から帰ってきたときでも、頑張って洗車してあげたいと思います。・・・・出来る限り・・・・?


D-PROコーティングの詳細は同社のHPをご覧下さい

     →  D-PROコーティング





【ガラスエッジング】


『ガラスエッジング』とは、車体ナンバーをガラスに刻印することにより、盗難のリスクを減少させる特殊処理です。

ガラスエッジング.JPG
ガラスエッジング


窃盗団が車を盗み転売する場合、車体Noを書類上偽造するわけですが、ガラスに車体Noが刻印されていると偽造がばれてしまうので、ガラスを外し、新しいガラスに付け替えなければならないそうです。
すると、コスト高になり、割に合わなくなるので、この手の処理をしてある車は敬遠されるそうです。


ガラスエッジングについての詳しいことは同社のHPをご覧下さい

    → ガラスエッジングの効果





【防犯フィルム】


クロベエには、『ミラージュ東京』さんで、最高峰のセキュリティーシステムをインストールしてもらうことになっています。

しかし、それですら、百戦錬磨の窃盗団にかかっては、「絶対に大丈夫」という保証はどこにもありません。


ただ、「リスクが少なく盗みやすい車」のリストからは外される可能性が高くなるため、結果として、盗まれにくくなるということは確かでしょう。


・・・・しかし、どんなに、セキュリティーシステムをしっかりしても、力技でガラスを粉々に割られてしまってはお手上げです。

計画的な窃盗団ならば、リストから外されるかもしれませんが、衝動的な窃盗犯は、ガラスを割って、アラームが鳴っていようがお構いなしに、短時間で車内のパーツや物品を盗んでいくそうです。


計画的な窃盗団が「芸術的手腕」だとすると、破壊派窃盗犯は「強盗」といったところでしょうか?


仮に、何も盗まれなかったとしても、粉々に砕け散ったガラスの破片が散乱した車内は目も当てられない状態でしょう。


警報にしても当てにはならないと思います。

深夜にけたたましく警報がなったとしても、果たしてそれを聞いて、駆けつけたり、警察に通報してくれたりする親切な人がいったいどれくらいいるでしょうか?

「夜中にうるさいなあ~」とは思っても、駆けつけたり、通報してくれるような人はおそらく皆無でしょう。(10万人に1人くらいはいるかもしれませんが・・・・悲しいかな、今はそういう世の中です)

下手に首をつっこんで、危険な目にあうことのリスクを避けようとするのが、一般的な(ある意味正しい)判断なのかもしれません・・・・・悲しいねえ・・・



以上のようなことを考えると、『盗難車人気No.1』のハイエースの防犯対策としては、「完璧なセキリュティアラーム」+「ガラスを割られないようにすること」の二本立てで備えないと万全とはいえないのかもしれません。


・・・・・・前置きがいささか長くなりましたが、この「ガラスを割られないようにする」処理が「防犯フィルム」です。


施行内容としては、ガラスに特殊フィルムを貼り付け、脱落防止の特殊処理をするというものです。


防犯フィルム.JPG
割れないガラス


具体的な施行内容については、B-PACKSさんの企業秘密でもあるでしょうから、公開は控えますが、その効果については、下記の同社の記事をご覧いただければ、その凄さがご理解できると思います。
 

テロ対策車両にも、採用されているというくらいですから、本物です。
(私はVIPではありませんが(笑))


是非「耐衝撃実験ムービー」をご覧になってください。

→防犯フィルムの詳細はこちら



【ウインドガラスの撥水加工】


いわゆる、「レインX」や「ガラコ」に相当する、ワイパーいらずの撥水加工です。

まだ、雨に遭遇していないので、その効果のほどはわかりません。

雨の日が楽しみです(笑)



【アルミホイールのコーティング】


ホイルコーティング.JPG
アルミホイールのコーティング

今回は、サービスということで、冬用(スタッドレス用)のアルミホイールにもコーティングを施してもらいました。
雪道は、かなり汚くなるので、これも効果が楽しみです。





セキュリティシステム [セキュリティ]

ハイエースは【盗難人気車ランキングのトップ】という嬉しくない情報があった。

だからセキュリティーには、後悔のないよう万全を期したい。


・・・・我輩が盗難に神経質になるには理由がある。


数年前、自宅付近の契約青空駐車場で愛車ボンゴフレンディが車上荒らしにあった。


深夜、釣りから帰ってきて疲れたので、自宅に道具を片付けることは翌日にして、そのままにしておいたのだが、翌朝には道具一式が消え去っていた。
数年間かけて揃えたバスロッドやリール、そしてルアーなどなど・・・金額にすれば100万円は軽く超える。

左ドアの鍵穴をマイナスドライバーでこじあけるという手口だ。
ご丁寧に、きちんと元の状態にもどしてあった(笑)

そんなわけだから、外見上、何も変化がなかったので、しばらく運転していて「あれっ?そういえば昨日釣りにいったのに何で竿がないんだろう?」ってな感じでようやく気がついたというありさま。


閑静な住宅街だから盗難など考えもせず、何の防犯対策もしていなかった。

警察などに聞くと、「一見治安が悪そうでも人通りの多いところのほうが、車上荒らしは少ないんですよ」

なるほど、逆だったのね(泣)


その後、近くのオートバックスで防犯装置ををすぐに装着して、車内に道具をおきっぱなしにすることもやめたので被害はない。(ちなみに、斜め前の車は、4輪を持って行かれ、哀れレンガブロック車と化していた。)

恐るべし車上荒らし(怒)



・・・・・という訳で、盗難人気No.1のハイエースには万全のセキュリティを施すべく、(三栄書房の「200系ハイエース最新オールカタログ」に掲載されていた)「ミラージュ東京」さんを訪ねてみた。
セキュリティ施工をしている店は無数にあるが、このお店は、セキュリティに特化しているという、いわばカーセキュリティのプロショップだ。

ミラージュさんのURL →http://mirage.gs/


医者にも得意分野があるように、こういう業界でもやはり得意不得意があると思う。
価格は決して安くはないが、『ここまでして盗まれたら仕方がない』と後悔しないセキュリティにしたい。


こまかい内容をブログに書くと、窃盗団が見るかもしれないので(笑)あえて内容は載せないが、最高レベルのセキュリティシステムで価格も最高レベルだ(泣)


ミラージュ東京」さんは、首都高羽田ランプをおりて、大鳥居方面にすすんだ矢口渡にある。
あらかじめ、電話で連絡をしておいたので、大内社長に丁寧にデモカーを使って説明していただいた。


さすがに、最高レベルというだけあって、至れりつくせりの防犯装置。
ここまでやっておけば、たくさんあるハイエースの中で、盗難優先度はかなり低くなると思われる。


・・・ここまでして盗まれたら、自分の日頃の行いを反省すべきだろう(笑)




セキュリティ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます