SSブログ
トラブル ブログトップ

トヨタレジアスエース マシントラブル再び!【排出ガス浄化装置】その2 [トラブル]

1月17日に「ススがたまりパワーダウン」というトラブルに見舞われました。

普通に乗っていてこんな現象がしょっちゅう起こるようでは困るので、ユーオートの結城社長を通して、トヨタにクレームを出し「マニュアルの排出ガス浄化装置」をつけてもらうことになっていました。

しかし、部品が入るまでまだ数日かかるということなので「まあ、先月リセットしたばかりだから大丈夫だろう」と、新潟県の妙高高原を往復することになりました。


とっ・・・・・ところが、あろうことか・・・今回再び同じ現象に見舞われてしまいました。


2月16日、光ヶ原でキャットツアーを楽しんだあと、妙高関温泉までの道中にあの「エンジン警告灯」が点灯したのです。

2010松之山大会_50.JPG
今回は、右上のエンジン警告灯だけ点灯しました。


「うそー」と思いきや、例の「ピー」という音もして・・・・案の定、快速レジアスエースはカメ車と化してしまいました。

幸いくろべえに乗車しているのは私一人だったので、仲間には一足先に宿に行ってもらい、軽自動車に抜かれながらのノロノロ運転。

関温泉までの道は、歩いても息が切れるような勾配・・・・・床にくっつくくらい踏んでも20キロしかでません。

いや~、さすがにストレスたまりましたね~。


今回は、なぜか翌日はランプも消え、エンジンも復調。無事帰宅できました。

前回も、今回も寒い雪の日でした。・・・・でもそんなこといったら、雪国の人はハイエース200系乗れなくなってしまいますわな。


トヨタといえば、プリウスのリコールで世間を騒がせたばかりですが、これもリコールレベル?


排ガス規制をクリアするために、いろいろな装置が必要なのはわかるが、だからといってトラブルにつながるというのは話が別。

タフがウリのハイエースなんだから、しっかりしてほしいものです。


ちなみに取説をよく読むと「・・・以下のような運転状況の場合、排出ガス浄化装置警告灯が早期に点滅することがあります。」と書いてあります。

しかし、その「以下のような」というのは、低速走行、頻繁なアイドルストップ、暖気前のエンジンストップ、1時間以上のアイドル連続運転・・・・などなどまったく私の運転にはあてはまらないものばかりです。


いったい、何が原因で自動装置で浄化しきれないほどのススが堆積するのでしょうか?

そのあたりのデータを集めてユーザーにフィードバックしてほしいものです。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

トヨタレジアスエース マシントラブル!!!【排出ガス浄化装置】その1 [トラブル]

雪の降りしきる松之山。車を発進しようとすると「ピー」という高音の連続音が車内に響き渡りました。
聞き慣れない音なので、(ちょうど無線のPTTスイッチを入れっぱなしにしているときのような警告音)何事かと思いましたが、しばらくすると音は止みました。

「?????」と思いながらフロアコンソールを見ると、なにやら見慣れない警告ランプがついているではありませんか?

2010松之山大会_50.JPG
なんじゃこりゃ?

気持ちが悪いので、取説を見ると右上の警告灯は『エンジン警告灯』。
このランプは、排出ガス浄化装置(1KD-FTVエンジン搭載車)に異常があると点灯すると書かれています。

右下の警告灯は、まさしくその『排出ガス浄化装置警告灯』です。

「排出ガス浄化装置」とは、ススが一定以上堆積したときに燃焼させるという装置です。

この写真では点灯していませんが、『充電警告灯』も点いたり消えたりしています。
ちなみに、これはエンジン回転中、充電系統に異常があると点灯するそうです。

なんだかよくわかりませんが、こんな豪雪の松之山ですから、ディーラーエンジニアを呼ぶわけにもいきません。


「こんな大雪の中でトラブルかよ~!」と不安になりながらも、とりあえず、しばらく走っていたところ、なにやらアクセルレスポンスがおかしい・・・・・・踏んでも、ダイレクトにパワーがでないという感じです。


さらに走ると、症状は明らかになってきました。

一般道の上り坂でベタ踏みしても、時速30キロしかでないのです。
何でもなければ、70キロは楽に出る程度の坂です。・・・・・さあ、困りました。果たして家まで帰れるのか?


こんな調子で高速道路もベタ踏み最高速度80キロ(笑)・・・・・安全運転・・・絶対にスピード違反にはなりませんね。



・・・・ってなわけで、ごまかしながらも何とか帰宅することはできました。

後日、トヨタに点検してもらったところ、どうやらディーゼルのすすを燃やす装置が適切に作動しない・・・処理が追いつかない・・・ため、排気管にすすがたまり、結果としてターボが聞かずパワーが出なかくなってしまった・・・・・とのこと。


点検後は、もとどおり復活して調子がいいが、根本原因をなんとかしてもらわんことには、下手に遠出もできなくなってしまう。

頼みますよトヨタさん!





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車
トラブル ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます